イメージ画像


クレジットカードの現金化と審査の関係

以前はクレジットカードの現金化というだけで、キャッシングやカードローンが使えない人が利用 するものとして考えられました。
現在はそんなこともなく、もっとうまく使っていくことができる方法なのです。

クレジットカードの現金化ということだけで考えると、ネガティブな印象が出てきますが、まず審査がないというのは大きなポイントになりま す。
審査を受けることができないという人もいますが、審査を受けるということがどれだけ影響を受けることなのか考えてみましょう。
貸金業者などから審査を受けるとするのであれば、信用情報機関に対して請求を起こすところからスタートします。
一般的な視点から考えれば、この時に得た情報に問題があるから審査に通らないと考えるはずです。
問題のある内容とは、借入金額の問題や返済の問題もあると思われるでしょう。
ですが、審査を受けたという事実も記載されるということが重要となるのです。
だからこそ、数カ所から審査を受けたりすると、借入れなどはうまくいかなくなることが起きます。
この審査の回数は、住宅ローンや自動車ローンを考える場合にも、影響を与えることになってくるのです。

審査の回数だけでも後々問題が出てくるわけですから、審査というものは受けないに越したことはありません。
クレジットカードの現金化の場合、クレジットカードを作る際に審査を受けてしまっているため、後から何か影響を与えることもないのです。
もちろん、審査を受けた段階でも、借金ではなく、クレジットカードを作るための審査ですので、影響はほとんどありません。

なぜ、クレジットカードの現金化が問題にならないかといえば、ショッピング枠を使い商品を購入するからです。
その商品を売却したり、キャッシュバックを受けたりすることで成立する方法ですので、審査を必要としていません。
早期に現金を作ることもできますし、影響も少ない方法となるからこそ、以前よりも重要な取引となってきているのです。

このページの先頭へ