イメージ画像


家電製品をオークションで現金化

クレジットカードのショッピング枠を使い、現金を作る方法にはいろいろとあります。
その中で、そこまで効率的ではありませんが、還元率を高められる方法として、家電製品を購入する方法があります。
基本的な金額が高い家電製品は、クレジットカードで購入する人は珍しくありません。
一番簡単なのは、こうした製品をそのまま買取り店に持ち込む方法です。
最近多くなりましたが、生活品もリサイクルが進み、簡単に買い取ってくれるようになったからです。
そのため、現金化も容易な方法となってきています。

問題があるとすれば、驚くほど高く買い取ってくれるわけではないということです。
新品を持ち込んだとしても70%程度の還元率になりやすく、へたをするともっと下がってしまうことも考えられます。
手軽ですぐに現金化することができるのですが、その分だけ利益は少なくなってしまうのです。
これは、自分で行う方法全般に言えることであり、どうやって売るのか、管理して保存しておくのか考えなければいけません。

少し時間はかかりますが、もっと還元率を高められる方法がオークションです。
自分で出品することにはなりますが、この方法であれば還元率を高く設定することができるでしょう。
特に新品であり、最新の家電であったりすれば、限りなく購入金額に近い数値でも入札されることが出てきます。
その分、輸送の問題も出てきますし、入金管理の問題も考えなければいけません。
さらに、絶対に入札があるとは限らないため、確実性としては、かなり劣ってしまう方法といえるでしょう。

オークションで入札を待つのであれば、もっとマニアックなもののほうが向いているともいえます。
PCパーツなどは、簡単に入札が付いたりしますので、現在の動向を判断しつつ利用すると効率よく使うことができるでしょう。

このページの先頭へ