イメージ画像


返品するという100%の換金率を誇る方法

クレジットカードの現金化の中でも、業者が行っている方法としても知られているのが、返品を 使った方法です。
商品を購入し、その商品はいらないということで返品するという、いたって簡単な方法になります。
返品をするのですから、その場でクレジットカードの購入履歴をキャンセルし、元の木阿弥になってしまうのではないかと考えるでしょう。
確かに、ほとんどの店舗では、こうした処理を行います。
ですが、クレジットカードの返品処理は、本当に大変なことなのです。
そのため、当日に関しては返品処理を行うものの、翌日に返品に着た場合には、処理をするのではなく、現金で返金するというところも少なく ありませ ん。
特に商品の返品の可能性が高いアパレルに関しては、こうした処理にしているところも少なくないのです。
それでも、絶対に通用するとは限りませんので、よく考えて使わなければいけません。

なんでこの返品が方法として優れているのかといえば、よく考えればわかることです。
返品するのですから、100%お金が返ってきます。
つまり、還元率100%のクレジットカードの現金化方法になるのです。
これは、ほかにはない特徴でしょう。

問題になるのは、返品するという交渉と商品の質の問題です。
返品ができなくなるような、短時間で劣化する可能性のあるものは、こうした方法をとることは難しいでしょう。
そして、返品してくださいという交渉もしなければいけませんので、相手に伝え受け取ってもらえるだけの交渉力がなければいけないのです。

基本として考えれば、購入したものの必要のなかったものであれば、返品を申し出ることは当然のことでしょう。
ですが、換金目的となると、クレジットカードの使用停止処分の対象になることもありますので、本当に必要のないものを買ってしまったこと を伝えら れなければいけないのです。
どこかで後ろめたいという気持ちが出てきてしまうのであれば、やはり専門業者に依頼して換金するほうがいいでしょう。

このページの先頭へ