イメージ画像


クレジットカードの現金化に使う商品を考える

クレジットカードを使って現金化を考える場合、転売という方法があります。
換金をすることを前提に商品を購入することは禁じられていますが、購入しいらなくなったものを処分することは違法ではありません。
ただし、明らかに転売目的で購入するような、乗ることもできないような新幹線のチケットの大量購入などは、クレジットカードの使用停止処 分などを 下される可能性があります。

こうした方法を考えるうえでは、まず換金性が高くなければだめでしょう。
換金性の問題にはいくつかの考え方がありますが、まず考えなければいけないのは、換金できる場所があるかどうかです。
どんなに優れた商品を手にすることができても、換金することができないのであれば、これは意味を成しません。
その点では、ブランド品やゲーム機といったものは、買い取ってくれる場所が多く存在します。
こうしたものは、中古品として販売しているケースも多いため、流通経路をはっきりと確認することもできるでしょう。

もう一つの方向性として、買い取ってもらえるとしても、還元率がしっかりしているということが重要です。
いくらでも構わないから買い取ってほしいというのであれば、あまり意味は出てきません。
低い還元率では、効果を失ってしまうことになりますし、その分だけ返済に対する負担も大きくなるからです。
この点で考えても、市場がしっかりしていることが重要でしょう。
ブランド品やゲーム機、金券といったものは、買取りが安定しています。
ものによっては、驚くほど高い換金率を維持しているものさえあるからです。

こうした商品を使いクレジットカードの現金化を考えるのであれば、安く購入し高く売れることを考えなければいけません。
クレジットカードも使えなければいけませんので、インターネットを利用して購入するというのもいいでしょう。
さまざまな工夫もしなければいけませんので、効果的に現金化を進めたいというのであれば、やはり専門業者に依頼するほうが早いともいえる のです。

このページの先頭へ