イメージ画像


還元率と営業曜日や営業時間の関係を考える

還元率は、クレジットカードの現金化を行う場合に、非常に重要なものとなります。
商品を現金に換える数値であり、この値によって大きく差が出てくることになるでしょう。
しかし、どこも均一ではありません。
利益ということをどうとらえるのかということによっても違いますし、利便性という面でも違いが出てくることを知っておくといいでしょう。

クレジットカードの現金化を行っている業者にもいろいろなタイプが存在しています。
一般的な企業の様に8時から17時まで営業しているところもありますし、土日休みのところもあるのです。
もちろん、土日営業しているところや24時間対応のところまでさまざまであるのは、何もクレジットカードの現金化の業者だからではありま せん。
いかに顧客を集めるのかという点に注目しているからであり、うまく対応しているといっていいでしょう。

こうした営業時間は、還元率にも影響してきます。
たとえば、24時間対応のクレジットカードの現金化は、大変便利なところになりますが、それだけにお客は集まりやすいので、還元率は低め に設定さ れているでしょう。
逆に、一定時間に絞っている場合、利用者は限定されてしまうことになる代わりに、還元率が高く設定されているというのは一般的な対応とい えるで しょう。
これが顧客を集めるための方法なのですが、それだけ人件費もかかっているということがあるのです。
24時間対応にすると、単純に3倍の人が必要であり、24時間対応のネットバンクも用意しなければいけません。
それだけ経費を掛けることになるため、どうしても還元率は下がっていくことになるでしょう。
これは、ある意味で、経営上のリスクの問題であり、どうやっても逃れることはできないのです。

そこでよく考えてみましょう。
24時間対応で、高い還元率を維持しているということを謳っているサイトは、安全であるといえるでしょうか。
こうしたことも、大きなヒントになっているのですから、取引する上でヒントにしてみることが大切です。

このページの先頭へ