イメージ画像


クレジットカードと還元率の関係

クレジットカードの現金化には、還元率というものがかかわってきます。
とても重要な要素であり、これがなければ話になりません。
意外と軽視されていることもありますので、利用を考えているのであれば、今一度考え直してみる必要があるでしょう。

還元率とは、現金が返ってくる量の割合を示している数値です。
つまり、還元率70%であるのであれば、キャッシュバック付きの10万円の商品を購入した場合に7万円返ってくると考えることができま す。
90%であれば、9万円返ってくることになりますので、わずかな数値も実は大きな影響を与えることでしょう。
しかし、5万円の商品として考えると、この差は1万5千であり、さらに金額が小さくなれば、あまり気にならなくなってしまうのです。
特に初回取引に、こうした少額をベースに考えていると、大きな取引をしたときのギャップに驚くことも出てくるでしょう。

この還元率は、クレジットカードの現金化を行っている会社の利益となるだけではなりません。
人件費もここから出ていますし、クレジットカード利用料にもなっているのです。
これは何かといえば、クレジットカードの現金化を行っている業者は、クレジットカードを運営している会社に対して、お金を支払っていま す。
決済がしっかりするクレジットカードを利用できる代わりに、お金を支払っていることになるのです。
その割合は、取引金額や規模によっても異なりますが、1%~3%は支払うことになります。
これに人件費や利益を考えてみると、95%の還元率を提示してあるホームページが、いかに難しいものかも見えてくるでしょう。
97%にもなれば、数万円の取引で出る利益は数百円になってしまうのですから、そんなことをするはずはないということもわかるはずです。

悪質なサイトの中には、こうした高い還元率を謳い、客を捕まえようとしているところがいっぱいあります。
仕組みを考えるだけでもわかることですので、安易にコンタクトを問ったりしないようにすることが必要となるのです。
インターネット上のクレジットカード現金化比較サイトなどを利用して下調べする必要があるでしょう。

このページの先頭へ